QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
runningman

2014年09月23日

Windows 8.1の使いはじめの技(009)


スタート画面とWindowsストアアプリの基本ワザ
  スタート画面はWindowsストアアプリやデスクトップアプリを起動するための画面です。ここでは、スタート画面やWindowsストアアプリを操作するときに便利なワザを紹介します。
009 スタート画面の見方を知りたい
  Windows 8やwindows8.1 Professionalでは、Windowsにサインインすると「スタート画面」が表示されます。スタート画面はタブレットなどのタッチ操作ができる機器で操作がしやすいようにデザインされているのが特徴です。スタート画面にはインストール済みのWindowsストアアプリやデスクトップアプリのショートカットである「タイル」が画面に表示され、タップまたはクリックすることで、アプリを起動できます。また、「ライブタイル」と呼ばれる、さまざまな情報がリアルタイムに衷示される機能も備えるなど、今までの[スタート]メニューの機能をさらに拡張したものになっているのが特徴です。なお、Windows 8.1ではWindowsにサインインしたときにスタート画面ではなく、デスクトップを表示するように設定を変更できます。






関連記事:




  

Posted by runningman at 15:56Comments(0)